はっちゃんの口内炎。

扁平上皮癌かもしれないといわれた

はっちゃんの口内炎は、消えてしまいました!!

猫の口内炎は治りにくいとか、色々調べても

すっきりした答を見つけることが出来ず、

一生、薬と付き合っていくのかな、かわいそうに。

と、半ば諦めていた。

下手すれば、癌かもしれないし。

そもそも、エイズに白血病。

難治性の口内炎だったら、これを機に『発症』といわれても

おかしくはない。

血を吐き、眼圧が上がり、呼吸もまともに出来ない状態からの

奇跡の生還をしたんじゃないか。

集中治療室にも入らず、酸素室にも入らず、

我が家のケージで耐えたんじゃないか。

骨が露出していた顎だって歯茎だって、

キレイに、飲み薬と、後はほとんど自分の力で治したんじゃないか。

だったら、口内炎だって癌だって、

治るんじゃないか。。。

淡い期待は抱いていた。けど、やっぱり諦めかけていた。

段々小さくはなっていたが、「気のせいかもしれない」

程度だった。

癌だったら、癌だったら・・・どう苦しまずに

過ごさせてやれば良いのか・・・。

猫の口内炎には

はちみつが良いと聞けば、一番良さそうなハチミツを探して

スーパーを梯子し(結局、同じ町内の養蜂場のハチミツを購入。濃いです。うまいです。)

消臭剤の「きえーる」が良いと聞けばすぐにネットで取り寄せた。

はっちゃんの通院もあるし、他の子の予防接種もある。

この頃は

息苦しくなって、夜中に飛び起きることもしばしば。

最近、私は追い詰められているような気がしていた。

いつものような、愚痴にもならない。

夫にも、親にも、誰にも言いようの無い、得体の知れない不安。

はっちゃんの事だけではない。

具体的に何かは良く分からないけど、

心臓に毛が生えている自分にしては

おそらく生まれて初めてではないかと言うくらい

精神が不安定な気がするんだが・・・。

潜在的に、色々悩んでいるのかなと思う。

はっちゃんだけではない。

他の猫の事もそうだし、自分の子どももいるわけだから、

学校の事、幼稚園の事・・・常に何かしら気にしている。

夫のポジションが変わったのもある。

これは夫にとって「マイナス」なわけではないが、

今まで程の融通が利かない。

出張も毎週だし、父親参観だって、今後は来られないだろう。

最近疲れているようだし。


先の事は考えても仕方が無いけど・・・



せめて今は、この不幸な子が、癌ではありませんように・・・。



何回願ったか。

それが、今日にはキレイサッパリなくなっていた。

薬が良かったのか、それとも、最近一緒に寝てあげているのが

良かったのか、それとも、食後の「きえ~る」が良かったのか。

(消臭剤なんだけど、口の中にスプレーします。

『バイオ活性水 「きえ~る」は、従来の消臭剤とはまったく違う乳酸菌・酵母菌・
バイオエキスが悪臭発生菌を抗菌。驚きの消臭』

なんだそうです。

はっちゃんは歯肉炎もあり、口臭がありましたが、

赤味がすっかり引き、口臭も消えました。

正直、半信半疑だったので、これにはビックリです。

ただ、みーちゃんの目の周りをこれで拭くと、やや悪化したので

部位や症状によっては強すぎるのかもしれません。)

とにかく、素晴らしい、はっちゃん、素晴らしい。

この調子なら、白血病が陰転するのではないかと

思ってしまう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント